とやま産学官金交流会2016で研究成果を発表しました.

2016年11月30日(水)に富山国際会議場で開催された「とやま産学官金交流会2016」において,われわれの研究成果をポスターで発表しました.

  • 題目:粒子法に基づく着水衝撃荷重の予測手法の開発
  • 著者:邉見隆洋(発表者),大嶋元啓,坂村芳孝

なお,本研究は公益財団法人タナカ財団の研究助成を受けて行われたものです.

第53回北陸流体工学研究会で講演しました。

2014年8月23日(土)に金沢大学角間キャンパスで開催された,第53回北陸流体工学研究会におきまして,講演(演題:粒子法による弾性体の変形シミュレーション)を行いました.多くのコメントや質問をいただくことができ,今後の研究の方針を再考する良い機会となりました.

平成24年度衝撃波シンポジウムで研究成果を発表しました。

平成25年3月13日(水)に平成24年度衝撃波シンポジウム(於 北九州国際会議場)で研究成果「衝撃荷重を受けた軟弾性体の変形シミュレーション」を発表しました。本研究は科研費 (22510181) の助成を受けたものです。

 

IMG_0560

第31回数理科学講演会で研究成果を発表しました。

本日(2012年8月25日(土))、東京都立産業技術高等専門学校品川キャンパスで開催された第31回数理科学講演会におきまして、研究成果「衝撃荷重を受けたゴムの弾性変形シミュレーション」を発表しました。なお、本研究はJSPS科学研究費補助金(22510181)の助成を受けたものです。

日本機械学会北信越支部第49期総会・講演会で研究成果を発表しました。

2012年3月10日(土)に金沢工業大学で開催された日本機械学会北陸信越支部第49期総会・講演会において,以下の講演発表を行いました.

  1. 「粒子法による軟弾性体の変形シミュレーション」,杉本崇典・坂村芳孝
  2. 「自己組織化単分子膜法による感圧発光分子センサの開発とその特性評価」,鈴木孝典・坂村芳孝・川端繁樹
なお,上記1の研究は科学研究費補助金(22510181)の助成を受けたものです.