日本機械学会北陸信越支部第54期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2017年3月9日(木)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で研究成果を発表しました.

GS1・一般講演 伝播する衝撃波による粉塵の舞い上がり
◯ 室谷 拓也(富山県立大院), 志村 啓(慶應義塾大), 大嶋 元啓(富山県立大), 中山 勝之, 坂村 芳孝(富山県立大), 松尾 亜紀子(慶應義塾大)
OS13・基調講演 微細流路への適用を目指した感圧・感温発光薄膜の開発
坂村 芳孝(富山県立大)

日本機械学会北陸信越支部学生会第46回卒業研究発表講演会で卒研生が研究成果を発表しました.

2017年3月8日(水)に金沢大学角間キャンパスで開催された標記講演会で,本研究室の卒研生(3名)がポスター発表を行いました.

PS3-35 OpenFOAMを用いた2次元噴流の数値シミュレーション
○八重尾猛史(富山県立大),中山勝之,大嶋元啓(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大)
PS3-36 感温発光薄膜による微小領域内の表面温度計測
○加藤巧也(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大),大嶋元啓(富山県立大),川端繁樹(富山県立大)
PS3-37 着氷現象の粒子法シミュレーション手法に関する基礎的研究
○森山卓哉(富山県立大),坂村芳孝(富山県立大),大嶋元啓(富山県立大),中山勝之,邉見隆洋(富山県立大)

流体工学シンポジウム2016において研究成果を発表しました.

2016年12月10日(土)に富山県立大学で開催されました標記シンポジウム(主催:北陸流体工学研究会)におきまして,われわれの研究室の研究成果を発表しました.

  • 演題:伝播する衝撃波によって誘起される浮遊球体の運動
  • 著者:元山克也(発表者),室谷拓也,中山勝之,大嶋元啓,坂村芳孝

dsc_0175

小杉高校科学探求力アップ講座2016を行いました.

2016年11月17日(会場:小杉高校)と12月8日(会場:富山県立大学)の両日,科学探求力アップ講座2016を行いました.「スターリングエンジンの動作原理を探る」というテーマで,熱機関の動作原理について座学と実習の両方で学んでもらい,最後にエンジンの動作時間を競うコンテストを実施しました.今回の優勝チームは「チーム金欠」で,タイムは9分47秒でした.

とやま産学官金交流会2016で研究成果を発表しました.

2016年11月30日(水)に富山国際会議場で開催された「とやま産学官金交流会2016」において,われわれの研究成果をポスターで発表しました.

  • 題目:粒子法に基づく着水衝撃荷重の予測手法の開発
  • 著者:邉見隆洋(発表者),大嶋元啓,坂村芳孝

なお,本研究は公益財団法人タナカ財団の研究助成を受けて行われたものです.

ゼミ旅行に行ってきました。

2016年9月16日から17日にかけて,毎年恒例のゼミ旅行に行ってきました.今年は,加賀フルーツランドでぶどう狩りをした後,白山麓の瀬女(せな)に泊まり,近江町市場で観光してきました.

日本機械学会2016年度年次大会で研究成果を発表しました.

2016年9月11日〜14日に九州大学伊都キャンパスで開催された標記講演会で,以下の2件の研究成果を発表しました(◯:講演者).

  1.  MPS法による着水衝撃荷重の計算(圧力振動に対する平滑化手法の効果)
    ◯ 邉見隆洋,坂村芳孝,大嶋元啓
  2.  伝播する衝撃波に誘起された非定常流中における球の抵抗係数の測定
    ◯ 元山克也,坂村芳孝,大嶋元啓,中山勝之

なお,1番目の研究については,公益財団法人タナカ財団から助成を受けたものです.

dsc_0125

第57回北陸流体工学研究会に参加しました.

2016年9月10日(土)に金沢大学角間キャンパスで開催された第57回北陸流体工学研究会に参加してきました.

本研究会は夏と春の年2回開催され,夏の研究会では教員・研究者による講演が行われています.今年は5件の講演があり,様々な流体現象やその応用技術について勉強してきました.

次回は学生が講演する回になりますが,例年とは異なる12月に本学で開催される予定です.我々の研究室の学生諸君にも是非発表してもらいと考えています.