Docker for Mac (beta)を用いてOpenFOAM v1606+のバイナリをインストールしました.

2016年6月30日に公開されたOpenFOAM v1606+のバイナリをDocker for Mac (beta)を用いて手元のMacにインストールしました.

私のMac環境(OS X Ver. 10.11.5)ではOpenFOAM+のウェブサイト上のインストール手順でうまくいきませんでしたが,試行錯誤の末,なんとかインストールすることができましたので,備忘録としてここに記録しておきます.

Docker for Macのインストール

MacにDockerをインストールするには,Docker for MacあるいはDocker Toolbox (Mac)のいずれかを使用します.前者は現時点(2016年7月11日)でパブリックベータ版ですが,Toolboxに比べてかなり使いやすくなっていますので,今回はDocker for Macを使用しました.

  1. Docker for Macのインストーラをダウンロードする.→ Docker for Macのインストーラ
  2. インストーラをダブルクリックで起動し,DockerアプリをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップして,インストールする.
  3. Dockerアプリを起動すると,ステータスバーにクジラのマークが追加される.
  4. Macのターミナルを開き,次のコマンドでDockerが動作していることを確認する.

    $ docker info

OpenFOAM+のインストールと実行

  1. Dockerが動作していることを確認したら,引き続きOpenFOAM v1606+をインストール・実行するための,2つのスクリプトファイルをダウンロードする.保存先はホームディレクトリにしておく.
  2. スクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+をエディタで開き,32行目の内容から次の部分を削除する.(注:Mac OS Xがこのディレクトリの共有を許してくれないため,削除した.このことによって不都合が生じる場合があるかもしれない.)

    –volume=”/etc/sudoers.d:/etc/sudoers.d:ro”

  3. Macのターミナル上で,スクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+を実行可能にする.

    chmod +x intallMacOpenFOAM+

  4. 引き続き,Macのターミナル上でスクリプトファイルinstallMacOpenFOAM+を実行し,OpenFOAM v1606+が含まれたDockerコンテナをダウンロード・作成する.

    ./intallMacOpenFOAM+

  5. スクリプトファイルstartMacOpenFOAM+を実行可能にする.

    chmod +x startMacOpenFOAM+

  6. スクリプトファイルstartMacOpenFOAM+を実行し,OpenFOAM v1606+が含まれたDockerコンテナを動作させる.

    ./startMacOpenFOAM+

  7. 新たなシェルが動きだし,OpenFOAM+が利用できる環境が整う.例えば,以下のようにしてチュートリアルを実行してみると,確認することができる.なお,現時点でコンテナからParaViewを実行させることができないので,Mac版Paraviewで結果を確認する.

    mkdir -p $FOAM_RUN
    run
    cp -r $FOAM_TUTORIALS/incompressible/icoFoam/cavity .
    cd cavity
    ./Allrun

平成27年度衝撃波シンポジウムの開催案内が届きました.

平成27年度衝撃波シンポジウムの開催案内が届きました.詳細についてはこちらのサイトで確認できます.

オープンCAEシンポジウム2015@富山が開催されます.

2015年11月26日(木)〜29日(日)に富山国際会議場をメイン会場として開催される,オープンCAEシンポジウム2015@富山の案内が届きましたので,お知らせします.プログラム等の詳細については,シンポジウムのウェブサイトをご覧ください.

第31回国際衝撃波シンポジウムのウェブサイトが公開されました。

今年の7月に第30回国際衝撃波シンポジウムに参加したばかりですが,次回(2017年7月開催)の国際衝撃波シンポジウムのウェブサイトが立ち上がりました.いよいよ日本(名古屋)での開催です.楽しみです.

大学コンソーシアム富山FD&SD研修会に参加してきました。

2014年9月10日(水)(14:00〜17:00)高岡法科大学ミレニアムホールで開催された,平成26年度大学コンソーシアム富山FD&SD研修会に参加してきました.

今回のテーマは「英語教育」でした.英語教育に関連した話題の講演が2つあり,工学教育にも取り入れたい事例の紹介もあり,出席して良かったと思います.

講演の中で,小・中・高・大学教員の自主的な取組みである「富山英語指導法勉強会」が紹介されました.理工学教育にも同様の勉強会があると良いかもしれません.

ISTS30 (The 30th International symposium on space technology and science)の論文募集案内が届きました

標記の件で案内がありました.詳しくはISTS30のサイトをご覧ください.

  • Online Abstract Submission Open : Sep. 5 12, 2014
  • Deadline for Abstract : Nov. 2028, 2014

 

JSME北信越支部第51期総会・講演会で研究成果を発表しました.

2014年3月8日(土)に本学で開催された標記講演会で以下の成果発表を行いました(○:講演者).このうち,No. 1~3の研究は科研費 (22510181) の助成を受けたものです.また,No. 3の講演に対して日本機械学会若手優秀講演フェロー賞が贈られることが決まりました.

  1. 解適合直交格子を用いた衝撃波を伴う流れの数値シミュレー
    ション
    ○垣内勇志(富山県大),坂村芳孝,中山勝之
  2. 軟弾性体の粒子法シミュレーションにおける時間積分法に関
    する研究
    ○浜崎友(富山県大),坂村芳孝
  3. Numerical simulation of head-on collision of a normal shock wave with a rigid plate attached to a spring and dumper
    ○ZHANG Junyi (Toyama Pref. Univ.),SAKAMURA Yoshitaka, NAKAYAMA Katsuyuki
  4. 白金ポルフィリン自己組織化単分子膜を用いた表面圧力イメ
    ージングセンサの特性評価
    ○坂村芳孝(富山県大),川端繁樹,鈴木孝典(シロキ工業)

第13回流れの夢コンテストのテーマが決まりました!

第13回流れの夢コンテスト

今回のテーマは

「流れのミュージアム」

です.様々な流れ現象を会場に「展示」するアイデア・技術を競ってもらいます.観る人の知的好奇心を掻き立て,想像力を刺激する斬新な発想を期待しております.奮ってご応募ください!

 

元の投稿を表示