テッド・チャン著「あなたの人生の物語」(ハヤカワ文庫SF)を読みました.

大学の有志で続けている読書マラソンに投稿したものを再掲します.

 この本も生協売店で購入したものです.ハヤカワ文庫SFを手にしたのは,アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」以来ですので,実に30年振りでしたが,本書のおかげでSFの魅力を再発見することができました.
 本書には,理系人間の感性を刺激する8篇が収められています.表題作「あなたの人生の物語」では変分原理が,「ゼロで割る」では数学の体系そ のものがモチーフになっていて,どの作品も読んでいてワクワクするものでした.中でも特におすすめなのは「理解」.これは傑作です!
(追記)上述した「ゼロで割る」という作品で取り上げられていた証明をご紹介します.2と1が等しいことを証明するもので,もちろん間違っています.どこに間違いがあるか,探してみてください.
坂村芳孝(機械システム工学科)
test