J. S. ミル著「自由論」読了

生協で見つけたJ. S. ミル著(斉藤悦則訳)「自由論」(光文社古典新訳文庫 2012年)を読みました.

意見の多様性こそ有益だとするミルの主張に禿同.150年前に彼が本書に残した言葉は,今もその価値を失っていません.

もしも常識的な意見に反対する人がいたら,あるいは,法律や世論が許せばそうしたいと思っている人がいたら,われわれはそういう人がいることに感謝しよう.そして,心を開いて彼らの言うことを聞こう.自分たちの信念を確かなもの,力強いものにしたいのであれば,われわれがひどく苦労してやらねばならない作業を,かわりにやってくれる人がいることを喜ぼう.

IMG_2728