正岡子規著「笑う子規」(ちくま文庫)読了。

二万四千程あるという正岡子規の俳句の中から、おかしみのある句を選んだ句集です。選者は天野祐吉さん。センスが光っています。南伸坊さんの挿絵も楽しい。

のどかさや娘が眠る猫が鳴く (子規)

子は寝たり飯はくうたり夕涼 (子規)