The nearest duty

2014年2月19日(水)富山国際会議場で開催された第2回高大連携推進フォーラムに参加してきました.

昨年スターリングエンジンについて講義・実験を行った生徒達がその成果を英語で発表してくれました.すばらしいプレゼンでした.彼らの努力と小杉高校の先生方のご指導に改めて敬意を表したいと思います.

さて,表題の言葉は,フォーラム会場で小杉高校のパンフレットと一緒にいただいたリーフレットに記されていたもので,小杉高校の前身である「農業公民学校」創設に尽力された南原繁氏が好んで若者に贈った言葉のようです.

少し調べてみると,イギリスのトーマス・カーライルの言葉

Do the duty which lies nearest to you, the second duty will then become clearer.

を短く表現されたもののようです.

大切なことは,身近にある今やるべきことに全力を尽くすこと.日頃から考えていたことが端的に表現されていて,良い言葉ですね.