第28回国際衝撃波シンポジウムで研究成果を発表しました。

イギリス・マンチェスターで開催中の標記シンポジウムにおきまして、次の研究成果を発表しました。

  1. Experimental study of scale effects on shock wave interaction with a granular layer
  2. Numerical study on the mechanism of the entrainment of a rectangular solid body by a shock wave(本研究は、科研費(22510181)の助成を受けたものです。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中