映画「虎の尾を踏む男達」を観ました。

久しぶりに黒澤映画を観ました。驚いたのは、製作が1945年9月ということと59分という短さ。弁慶の嘘が見破られそうになる箇所の、めまぐるしく変わるカット割りが印象的でした。映画はプレゼンのとても良い参考になります。

ついでながら、その嘘を見破ろうとする男が、朝ドラ「ゲゲゲの女房」の浦木(杉浦太陽)にそっくりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中